食べたり飲んだり

今更だけど、厳選されたコーヒー豆「スターバックス リザーブ®」を使ったコーヒーを飲んできました




皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

今回は久しぶりにスタバネタでも書かせて頂きます。

タイトルの通りなのですが、スタバと言っても普通の店舗ではなく、希少なコーヒー豆「スターバックス リザーブ®」を取り扱っているお店に行ってきました。

2018年4月に西日本初出店となった「LUCUA osaka 地下2階店」なのですが、近場にあるにも関わらず、今回初めてその存在を知ったという点から私のお洒落アンテナの感度の低さが伺えますね。

スターバックスがこうした本格的な店舗を構えていること自体はとあるYouTuberさんの動画で見たのですが、こう言った意識の高いお店は東京に集中しているイメージなので…

ちなみに「スターバックス リザーブ®」って何やねん、という人は以下のリンクをご覧ください。

https://www.starbucks.co.jp/coffee/reserve/

お店はこんな感じ

よく見るセイレーンのロゴではなく、星とR、そして「STARBUCKS RESERVE® -BAR-」とあります。

コーヒー、紅茶だけではなくお酒も取り扱っているようです。

あと、全員黒エプロンです。スタバの事なんて殆ど知らない私でも知っているエリートバリスタさんの証ですね。

調べてみると年に1回の試験で、合格率10%という狭き門をくぐり抜けた強者達だそうです。

通常の店舗でもあまりお見かけしない人達ですが、ここは全員が黒エプロンの皆さんで運営しています。

 

物販も少し違う感じで、黒でクールなデザインがメインとなっています。

右にあるコーヒーグラインダーは55,000円でした。

 

マグカップやボトルなども専用のデザインでクールな感じとなっています。

下段右端にあるノートはスターバックスリザーブのロゴが入ったモレスキン製のものでした。

https://www.starbucks.co.jp/goods/mug/4524785340978

https://www.starbucks.co.jp/goods/goods/4524785353398/?category=goods%2Fgoods

 

厳選されたコーヒー豆の販売もやっています。

価格は種類により100gで1,000~3,000円ほどとなっています。

 

今回頼んだメニューはこちら

今回頼んだメニューは「バニラ ビーン ラテ」です。

目の前で黒エプロンのお兄さんが作ってくれます。

イケメン&爽やかな笑顔で積極的に話しかけてくれるのですが、コーヒーを作る手付きがいちいち格好良くて男でも惚れてしまいそうです。

さらっと流れるような動き…さすがエリートバリスタですね。

 

今回のコーヒーに使った豆について書かれているカードも貰えます。

No.11はコールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)専用の豆で、産地はエチオピアとグアテマラ、それらをブレンドしたものです。

肝心の味は…非常に美味しかったです。

私の苦手な酸味は感じられず、すっきりまろやか。バニラビーンの風味もあって柔らかい甘さが素晴らしい。

正直、スタバのコーヒーは何度も飲んできましたが、美味しいと思ったことは一度もありませんでした。

基本、付き合いか仕事で入ることが殆どなので、スタバに味を求めていなかったというのもあるのですが、今回のコーヒーは本当に美味しい。

コーヒーが美味しいと思うことなんて人生で数えるほどもなかったので驚きですよ。

ここならまた行きたいなと思えました。

 

終わりに

久々のブログなので、リハビリがてら書いてみましたが、コーヒー1杯飲むだけの内容にしてはそれなりのボリュームで書けたように思えます。

やっぱりコンスタントに書かなきゃだめですね。感覚が鈍ってしまいます。

ちなみに今回の記事については、このスタバに行くことが目的ではなく、映画「ライオンキング」を観た後に適当な店を探していて偶然見つけたので、せっかくだからブログに書こうと思って写真を撮っておいたんですよ。

何度も言いますが、私は香り高いコーヒーよりも1.5リットルのコーラをラッパ飲みする方が性に合う意識低い系の代表格のような人間です。

でも、私もいい年のおっさんになったし、そろそろコーラばかりの生活にも区切りをつけないといけないので、これを機にコーヒーに興味を持つというのも悪くないのかもしれません。

適量を飲むのであれば、コーラよりもコーヒーの方が確実に身体には良いでしょうし…

という事で、近いうちにまた足を運びたいなと思います。

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。

-食べたり飲んだり
-, ,

© 2020 Symphonical Rain