レビュー オーディオ

約5000円で完全ワイヤレス、ノイズキャンセル搭載のBluetoothイヤホン「Anker Soundcore Life P2」を購入しました




皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

今回は先日購入したBluetoothイヤホン「Anker Soundcore Life P2」についてなのですが、これが非常に良かったので是非とも情報をシェアしたいなと思い書かせて頂きます。

完全ワイヤレスの代表格と言えばアップルの「AirPods」ですが、あれはiPhoneじゃないと真価を発揮しないし価格は17,800円と非常に高価です。

また、カナル型の「AirPods Pro」だと27,800円と個人的には外で音楽を聞くイヤホンとしては限界を遥かに超えてしまっています。

ですが今回紹介させて頂く「Anker Soundcore Life P2」はアマゾンで4,999円と比較的お手頃価格でありながら、Androidユーザーが持つべき完全ワイヤレスイヤホンの最適解であると思いますので是非購入の際の参考にして頂ければ幸いです。

仕様について

まずは簡単に仕様をまとめてみました。

以下の仕様に加えて通話時のcVc8.0ノイズキャンセリング機能を備えています。

再生時間:最⼤7時間(イヤホン本体のみ) / 最⼤40時間(充電ケース使⽤時)

充電端子:USB Type-C

重量:約62g(充電ケース含む)

防水規格:IPX7

Bluetooth規格:5.0

Bluetoothプロファイル:A2DP, AVRCP, HFP

対応コーデック:SBC / AAC / aptX

 

Anker Soundcore Life P2とパッケージ内容について

ANKERと言えばものすごくシンプルなパッケージのイメージがありますが、これは割と日本よりな感じです。

 

内容はAnker Soundcore Life P2本体+収納・充電ケース、USB-Cケーブル、イヤーチップ、マニュアルです。

 

本体のデザインが非常にいい感じです。上部にはノイズキャンセリング用のマイクが付いているようです。

 

収納&充電ケースにはマグネットになっているので逆さにしてもイヤホンは落ちません。

 

ケースの寸法は約W7.7×H3.2×D4.6cmとコンパクトで持ち運びに困るような大きさではありません。

ただ、ちょっと取り出し辛いかもです。力を入れすぎて落とさないように気をつけないといけません。

 

充電は今後ポピュラーになるUSB-Cとなっています。

 

耳から落ちたりしないの?

完全ワイヤレスイヤホンについての最大の疑問はここだと思うので、確認のために装着後、可能な限り身体を動かしたりメタルミュージシャンのようにヘッドバンキングをやってみました。

中年が無理をしすぎて少し首を痛めてしまいましたが、特にイヤホンが外れるようなことはありませんでした。安心して装着できます。

が、それでも外れるという人は、恐らくイヤーピースのサイズが合っていないか、着け方が悪いんじゃないかと思います。

外に出る前にまずは自身に合うように調整してみてくださいね。

 

注意する点について

cVc8.0ノイズキャンセリング機能を備えている本機ですが、ノイズキャンセルするのは音楽などを聴いている時のではなく、通話時の自身の声に周りの音が入りにくいというものです。

当然ですが音楽を聴いている際は周りの音は聴こえないので歩行時は要注意です。

 

音質について

音質については高低域ともに若干コンプレッション(圧縮)している感じで、やや低域が前に出てくると言う印象ですが、全体的にはクリアで高音質であると思います。

解像度も高く、音の分離も綺麗なので広がりのある空間的なサウンドが楽しめます。

個人的に広く空間を取るタイプのイヤホンは好きなので満足度は高いです。

通話に関してもマイクの感度は良好なので相手にもきちんと伝わっていました。また、ノイズキャンセリングによって周りの音がある程度除去されるので、人の多い場所での通話にも便利だと思います。

曲を聴いている時に音のバランス、特にベースが左右のどちらかに偏ると感じる人は装着の具合を確かめてみてください。

正しい装着状態じゃない場合は音の定位が崩れる可能性があります。

 

良い点と気になる点

良い点

  • ケースから出してすぐにペアリングしてくれる
  • コードが一切ないので擦れた際のノイズとは無縁になる
  • 音質は好みにもよるが、基本的には良いと言える
  • 通話の音質が良いのでストレス減になる

 

気になる点

  • ケースから取り出しにくい
  • 音の特性として低音の出方に個性があるので人を選ぶかも知れない

 

終わりに

完全ワイヤレスが5,000円と比較的安価なので不安はありましたが、思っていた以上にハイクオリティなものだったので買って良かったです。

これで満足できないiPhoneユーザーは素直に「AirPods」を買った方が幸せになれると思います。

AndroidユーザーならSONYのもので最強のノイズキャンセリング機能のついた「WF-1000XM3」があるので検討してみてくださいね。

あと、どのイヤホンでも音が途切れまくる人がいるらしいのですが、まずはイヤホンではなく手持ちのスマートフォンをチェックしてみてください。

体験談として、ミドルスペックのスマートフォンは割と音が途切れる事が多いです。

同じ安価なイヤホンですが、最近購入したハイスペックなスマートフォンだと音の途切れが劇的に解消されました。

それでは今回もお付き合いいただきましてありがとうございました。

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。

-レビュー, オーディオ
-

© 2020 Symphonical Rain