レビュー PC・タブレット DIY

「DELL Optiplex 990 SFF」の電源が点かなくなったので電源ユニットを交換したら治りました




普段の雑務用に使っている「DELL Optiplex 990 SFF」なのですが、いつものように電源を入れようとすると、電源スイッチがオレンジ色に点滅したっきり点かなくなってしまいました。

これは困った。バックアップも取らないまま天に召されてしまうのは本当に勘弁頂きたいです。

前日まで何一つ不具合の気配もなかったので一瞬パニックになってしまいましたが、落ち着いてネットで検索…

対策としては電源も含めてすべての端子を外して放電、メモリなどの挿し直し、マザーボード内の端子の確認、内蔵電池の交換などがあり、全てを試してみた結果、やっぱり点きませんでした。

「全部試してダメだったら電源ユニットの交換」とあったので望みをかけて電源ユニットを交換しようと決意しました。

電源近くのグリーンのランプの下のボタンを押してグリーンに光ったら電源ユニット自体は大丈夫って書いてあったんですけどね…

まあ、パソコンのパーツなんて状況によってコンデションもさまざまでしょうし何とも言えませんね。

 

購入した電源ユニットはこちら

アマゾンで「DELL Optiplex 990 SFF 電源ユニット」と検索したら一発でヒットしました。

価格は3,500円と思ったよりも安価でした。

レビューを見る限り特に問題無さそうだったので早速注文。

翌日の朝には届いたので早速作業に取り掛かりました。

 

取り付けは簡単です

早速パネルを開けてまして…上部にある銀色の長細いのが電源ユニットです。

左側の青いパーツを外したら…

 

青いポッチがあるので、これを押したら外れます。

やっぱりPCの中はホコリが溜まりやすいですね。

少しだけキレイにしておきました。

後は電源ユニットから伸びている端子を外せば完全に取り外せます。

そして今度は逆の手順で電源ユニットを取り付け、端子を接続すれば完了です。

 

電源は…無事入りました。

電源が新しくなったからか、以前よりも元気になったような気がします。

結局は電源ユニットの寿命ということだったんですね。

大体は5年以内には何らかの不具合が出るらしいので、この機会に交換できて良かったということで一件落着です。

 

終わりに

交換から1週間ほど経過しましたが、以前よりも元気に動いてくれています。

ただ、古い機種なので、そろそろ新しいものを考えないといけないのかなとおも思わされました。

現在はブログとDTMでPCのを分けているのですが、次にPCを購入する時は1つにまとめてしまおうかなとも考えています。

とは言え、こいつもまだしばらくは使えそうなので、本当にダメになる1歩手前くらいまでは頑張ってもらおうかなと思います。

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。

-レビュー, PC・タブレット, DIY
-, ,

© 2020 Symphonical Rain