暮らしのこと

郊外に引っ越して8ヶ月ほど経ったので、良かったことや困ったことを書いてみる




 

2020年7月頃に現在住んでいる場所に引っ越してからそろそろ8ヶ月ほどが過ぎました。

以前は大阪市民だったのですが、現在は少し外に出て大阪府民です。

理由としてはCOVID-19の件もあり、少し他人との距離を置きたいというのはもちろん、環境を変えたいというのも大きいです。

都心からは離れているのでいわゆる「郊外」という場所に身を置くことになったのですが、これまでの人生で都心から離れて住むのは初めてだったので、その違いに少し驚きながらも以前と大きく変わらずに過ごせているのはありがたいです。

今回は都心から郊外に引っ越してみて良かったことや少し困ったことなどを書いていきますね。

【PC周り】引っ越しも無事に終わったので、シンプルにまとめた自宅でのPC・DTM環境を紹介させて頂きます

引越しから1ヶ月が経過し、20箱のダンボール達もほぼ壊滅。 少し落ち着きを取り戻し、以前の日常を取り戻しつつありますが、部屋のそこかしこに不用品が置かれている状況からは未だに脱しきれてはいません。 が ...

続きを見る

良かったこと

ものすごく静か

市内にいた頃も住宅街ではあったので基本的には深夜になると静かなのですが、週末になると深夜に若い方や酔っぱらいの意味不明なシャウト、珍走団のバイク音などでうるさい時もありました。

もちろん郊外にも同じような人種は存在するのでしょうが、大きな通りも無ければ集まる場所もないので夜になるとウソのように静かです。

昼間に関してもベッドタウンなので人気は少なく、宅配業者さんやマンションの共有部のお掃除をしてくれている人の音がするくらいです。

のんびり出来るのはもちろん、作業に集中しやすいので今の時点では良い環境だと言えるでしょう。

 

家賃が安い

少し広めの1LDKなのですが、状態も良く1階なので庭も付いて共益費込みで6万円台と驚きの安さです。

似たような条件を以前住んでいた場所で探してみたのですが、プラス3万円ほどになってしまうのでやはり市内は高いんだなと実感。

住宅費は生きていく上で最低限必要な固定費となるので、そこを抑えつつも住み良い環境を求めるのは大事ですね。

 

立地が絶妙

物件を選ぶまでに割としっかり下調べはしていたのですが、立地に関してはかなり恵まれていたりします。

最寄りの駅までは普通に歩いて約2分あれば着きますし、3分ほどの徒歩圏内には大型のイオンを始めさまざまな商業施設があるので、市内に住んでいた頃よりも便利だったりします。

ニトリやGUもあるので都心に出なくてもほぼほぼ必要なものは揃います。

 

近所にスターバックスやコメダ珈琲がある環境というのは初めてなのですが、気分を変えて作業や読書をしたい時にすごく便利ですね。

でも、3分歩けば大きな通りのない住宅街に戻るので自宅周辺は静かです。

駅は近くても線路がこちらに向かって敷かれていないのが理由かは分かりませんが、電車の音も自宅からは全然聞こえません。

いくつかの物件で悩みに悩みましたが、立地優先にしたのは正解だったように思います。

 

困ったこと

交通機関

私は車を持っていないので、都心に向かう際には電車を利用しています。

郊外ではあるのですが、天王寺までは最寄り駅から約15分ほどとアクセスは良好です。

しかし、自然災害や事故などで電車が使えなくなった際にはバスやタクシーでの移動となり、この場合は天王寺に行くのでさえ3時間ほど掛かってしまいます。

以前住んでいた市内であれば自転車で20分、最悪徒歩でも1時間ほど頑張って歩けば梅田に行くことが出来たので、その差は大きいです。

交通費も高くつくので、気が向いた時にキタやミナミに、という訳にもいかないのが以前の生活と大きく変わった所でもあります。

なので最近はアマゾンなどの通販を利用する機会が増えました。

 

野生のアライグマやイタチを見かける

もちろん大阪市内にも野生のイタチはいますし私も数年に一度くらいは目撃したことはあります。

兄も実家近く(大阪市内)でアライグマを見たことがあるらしいですし、何ならヌートリアが淀川で泳いでいる動画を撮ったので見せてもらったこともあります。

でも長年市内に住んでいた私自身はアライグマやヌートリアを見たことはありませんし、道端で出会う野生の生き物は猫くらいなものです。

そんな私が引っ越してからすでに3度もアライさんに遭遇しているというのは驚くほかありません。

最初は引っ越しから間もない7月に近所の家の塀に座っていたところを、次は10月頃に自宅の庭で、そして最近は自宅近くの道ですれ違いました。

獰猛なだけではなく、感染症の原因となる菌を持つので万一のことがあったら怖いです。

まあ、そんなアライさんも元々は人間に飼われていたのが捨てられて野生化したのだと思うので、人間の都合で害獣扱いというのも何だか複雑な気持ちです。

 

終わりに

こうして郊外に住んでみると、やはり市内の生活というのは色々と、特に移動に関してはものすごく便利なんだなと実感しました。

でも、静かでのんびりした時間を過ごせているからなのか、最近はイライラする事も少なくなりました。

自宅の環境も更に整えて、プロの引き篭もり中年の腕に磨きをかけていきたいです。

という事でもうしばらくの間はここでの生活を楽しみたいなと思います。

  • この記事を書いた人

AZU

音楽、ガジェット、文章を書くことが好きな関西人。

暮らしの「モノ」や「コト」をブログで発信しています。

座右の銘は「継続は力なり」です。

→プロフィール詳細

→ご依頼はこちら

→Amazonウィッシュリスト

-暮らしのこと
-,

© 2021 Symphonical Rain