おすすめ記事 DTMソフトウェア

【DTM】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめソフトで音楽制作システムを構築してみよう。




Musikproduktion_01-0000

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

今回はPCを用いて音楽を作る「DTM」のソフトを全部「タダ」で用意してしまおうという記事です。

手垢だらけの内容ではあるのですが、最近は特に様々な方面でのソフトが無償配布されている事が多く、さらに可能性が広がっているので改めて書いていくことにします。

最近のフリーソフトは本当にすごいです。自身のセンスさえあれば本当に無料で商業向けの作品であってもばっちり作れてしまいます。

今回はいくつかのカテゴリに分けて書いていくのですが、初心者の人に向けて「まずはこれを揃えてみてね」という感じでピックアップしています。

DAW

打ち込みやら録音やらの役割を担う「DTMの心臓」ともいえる中心的なソフトです。

これがなければ何も出来ません。まずはDAWソフトを入手しましょう。

一応大手のメーカーもフリー版のDAWを提供しているところはあるのですが、その殆どは機能制限があるものが多く、制作の幅が広がっていくと使いにくくなってしまいます。

ここでは3つのDAWを紹介しますが、個人的には「cakewalk by BandLab」をおすすめします。

 

cakewalk by BandLab

2017年末に開発が終了したSONARがBandLab Technologiesによって生まれ変わりました。

「SONAR Platinum」とほぼ同じスペックを持つ、無料のDAWとしては現時点で最強のものだと思われます。

高度な製品版と同等のスペックなので、今後のDAW勢力が大きく変わるのではないでしょうか。

標準搭載されている音源やエフェクト+VSTをサポートしているので、手持ちのプラグインも使えます。

ボーカルトラックのタイミングのズレを修正する「Vocal Sync」や、オーディオデータのドラムパートをスネアやキックなどのパーツに分解する「Drum Replacer」も魅力です。

日本語にも対応しているので、DTMを始めるのであれば無条件で手に入れておきたいところですね。

紹介しているDAWの中では将来性もあるので一番オススメです。

cakewalk by BandLabについてはこちらから

 

Waveform Free

「Waveform Free」は2020年3月にリリースされ、同社の「Tracktion T7」の後継として位置付けられています。

サードパーティ製のVSTプラグインを使用可能、トラック数無制限、プラグインサンドボックスによるプラグインの予期せぬエラーからプロジェクトファイルを保護とフリーとは到底思えない凄まじいスペックです。

またWindows、Macだけではなく、Linuxにも対応しているので、プラットフォームを選ばないスタイルは好感が持てます。

フリーDAWについては基本的に「cakewalk by BandLab」と、この「Waveform Free」で大きなシェアを持つのではないかと思われます。

Waveform Freeのダウンロードはこちらから

 

REAPER

ss_persp

こちらも私がブログでよくお勧めしているソフトです。

ループシーケンサーソフトの先駆けである「ACID」に似たUIとなっており、打ち込み、録音を無制限でこなす頼もしいDAWです。

古くからあるフリーDAWなので日本でも割とユーザーが存在しています。

バージョンは「reaper ver0.999」という比較的古いものですが、機能面においては特に問題ありません。

ただし、最終更新が2006年とかなり古いので、今後のOSへの対応ができなくなってしまう可能性もありますのでご注意を。

reaper ver0.999のダウンロードはこちらから

 

その他のフリーDAW特集は以下の記事で取り上げています。

こちらも随時更新しておりますのでお時間のある時にでもご覧ください。

DTM
【DTM】意外と多い?無料で使える高性能なDAWを出来る限り紹介してみる

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 DAWというのは「Digital Audio Workstation」の略でいわゆる「打ち込み」「録音」「ミックス、マスタリング」などに使うソフトの ...

続きを見る

 

ソフト音源

DAWがあっても音源がなければ音が出ません。

DAWに付属している音源でもハイクオリティのものはあるのですが、楽曲によりオリジナリティを持たせるためにも、様々な音源を持っておくことが必要となります。

最近はマルチ音源のクオリティが飛躍的に向上しているのはもちろん、フリーとは思えないくらいに多くの音色が収録されているものが増えてきたので、アイデアさえあればプロ顔負けの制作も可能な時代になりました。

手持ちの音源で足りないものを補うにも最適なのがマルチ音源なので、上手く活用して楽曲のクオリティを向上させていきたいですね。

 

Komplete Start

Native Instrumentsの総合音源で、6GB以上のインストゥルメント、エフェクト、ループ、サンプルを収録しています。

REAKTOR系のソフトシンセが豊富で、ダンスミュージック制作に強い内容かと思いきや、「BAND」と言ったドラム、ギター、ベース、オルガン、エレピ音源が収録されたポップス、ロック向けのものや、民族楽器メインの「WORLD」もあったりと、かなりオールマイティーな内容になっています。

使い込めばこれ一つで相当な制作が可能ですが、このあと紹介する「SampleTank Custom Shop」と合わせて使えばかなり強力な環境が作れますよ。

Komplete Startのダウンロードはこちらから

 

SampleTank Custom Shop

IK Multimediaのサウンド/グルーブ・ワークステーションであるSampleTankの無償版です。

30種と音色数は少なめですが、ピアノを始めとした音源のクオリティが非常に高いのと、細やかなエディットが可能なので、意外とサウンドバリエーションを持たせることが出来ます。

また、前バージョンの音源なども引き続き使えるので、手持ちの資産を無駄にさせない所が素晴らしいです。

私は以前の音源「Miroslav Philharmonik」や「Sampletank2 XL」を再利用していますが、操作感も良好で以前より便利に使えています。

個人的にはピアノのためだけにでも、この音源を入手することをオススメします。

SampleTank Custom Shopのダウンロードはこちらから

 

INDEPENDENCE FREE

grafik-945-gigantischer-sound-int

Independenceのフリー版として2GBのライブラリーが付属しているものです。

音は非常にクオリティが高く、パワーコードのギターやベースの音色がすごく良いのでロックサウンドもカバーできてしまいます。

また、パイプオルガンに関しては現在でも第一線で使えるレベルです。

古い音源なので、高性能な割に要求スペックは低く、今どきの重いマルチ音源よりも使い勝手は良さそう。

現時点で対応しているのはWindows8までとなっています。

Independence Freeのダウンロードはこちらから

 

UVI WORKSTATION

uvi-workstation

効率の良さと直観操作を重視して設計されたUIは非常に使いやすいものとなっています。

スタジオクラスのエフェクト、64分三連などの設定も可能な強力なアルペジエーターを実装しているので、アイデアの幅が広がるのではないでしょうか。

タイムストレッチやスライス機能も充実しているので、クラブ系サウンドに向いています。

UVI WORKSTATIONのダウンロードはこちらから

 

ドラム・リズムマシン音源

これもマルチ音源に入っている場合がありますが、やはり専門的なソフトの方がクオリティは頭一つ高いです。

特にリアル系のドラム音源は楽曲制作において非常に重要な存在なので、必ず入手しておくべきものだと思います。

サンプルパックで配布されているオーディオ素材と合わせて深みのあるリズムトラックの制作が出来れば楽曲のクオリティがグッと上がります。

 

DrumMic'a

KONTAKT PLAYER(無料)専用のドラム音源で、リリースしているのは何と、あのマイクで有名なゼンハイザーです。

ゼンハイザーのマイクがいかに優秀かというのを販促する目的で作られた音源なので非常にクオリティが高く、リアルドラム系のジャンルであればこれ一つでOK。

細やかな音作りはもちろん、即戦力なMIDIループが収録されていて、パラ出力も可能な有料音源との差を微塵も感じさせないハイオクリティさがもうたまりませんね。

フリードラム音源の中では頭一つ抜けているように感じました。

DrumMic'aのダウンロードはこちらから

KONTAKT PLAYERのダウンロードはこちらから

 

Sean Pandy Drums+Cymbalistic


ロック、メタル系の楽曲制作であればこの2つのソフトを組み合わせるとかなり強力です。

「Sean Pandy Drums」はスネア、キックともに非常に素晴らしいサウンドではあるのですが、シンバル系の音色が一切入っていません。

それを補うためにシンバル専用音源である「Cymbalistic」を使うという形です。

上の動画は私が組み合わせの例として制作させていただいたものですが、どうですか?かなりカッコいい音だと思いません?

個人的には入手、導入のしやすさ、使い方、クオリティの面において、リアル系ドラム音源では一番オススメしています。

Sean Pandy Drumsのダウンロードはこちらから

Cymbalisticのダウンロードはこちらから

 

Drum Pro


ダンスミュージック制作に最適なドラム音源です。

TR-808、TR-909、SP-1200、ASR-10といった有名所のリズムマシンをもとにしたドラムキットが計20種類収録されています。

サウンドも良く、非常に使いやすいので気に入っています。

DRUM PROのダウンロードはこちらから

 

その他ドラム音源については以下の記事で紹介しています。

DRUM
【DTM】ロックやメタルはこれでOK!!無料で手に入るリアルなサウンドのドラム音源6選

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 ドラム音源といえば定番の「Addictive Drums」「BFD」「Superior Drummer」などがありますね。 どのソフトも音はかなりリ ...

続きを見る

DRUM
【DTM】EDM、R&B、HIPHOP制作に欠かせないリズムマシン音源6選

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 クラブサウンドと言えばEDM、HIP HOP、HOUSE、R&B、REGGAE、TRAPあたりでしょうか。 そういったジャンルのトラックメイ ...

続きを見る

 

プラグインエフェクト

DAWに付属しているものでも良いのですが、さらなるクオリティの向上の為にはさまざまなソフトを持っておいたほうが便利です。

フリーでありながらも商業の現場で使われているものも多いので、是非とも導入しておきましょう。

 

Blue Cat's Freeware Plug-ins Pack II

ギターアンプシミュレーター、コーラス、フランジャー、フェイザー、イコライザー、ゲインコントロール、アナライザーの7種がバンドルされています。

ややこしい手続きは一切不要で入手、すぐに使える点が魅力ですね。

クオリティが高く、コーラスとゲインコントロールは今でもかなりお世話になっています。

あと、何気にギターアンプも使いやすいので、PC上でギターを扱う人に良さそう。

Blue Cat's Freeware Plug-ins Pack IIのダウンロードはこちらから

 

MFreeEffectsBundle

MFreeEffectsBundle00

何と脅威の30種類がバンドルされています。

とりあえずこれでほぼカバーできてしまうので、何も持っていない人はまず最初に入手してみてはいかがでしょうか。

クオリティも問題なく高いので、ミックス、マスタリングまで対応可能です。すごいです。

MFreeFXBundleのダウンロードはこちらから

 

その他、各種エフェクトプラグインについては以下の記事で紹介しています。

マキシマイザーはマスタリングに必須なので、1つは入手しておきましょう。

マキシマイザー
【DTM】音圧を稼ぐマスタリングの必需品!! 無料で手に入る強力なマキシマイザー5選

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 マスタリングに必要なプラグインと言えばイコライザーやコンプレッサーなどがまず思い浮かぶかと思いますが、それと同じくらい大事なのが音圧を上げて迫力のあ ...

続きを見る

コーラス
【DTM】無料なのにハイクオリティ!!即戦力として使えるコーラスプラグイン5選

【2017.02.19 更新しました】 皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 こちらでは無料で手に入るコーラスプラグインの中でも定番のものや使ってみて気に入ったもの、現在もメインで使って ...

続きを見る

 

ボーカルソフト(歌声合成ソフトウェア)

最も有名なものでは初音ミクを始めとした「ボーカロイド」がありますが、フリーウェアにもそれに近いものが少数存在します。

ボーカルトラックまでフリーウェアで作れてしまう…本当の意味で無料で音楽が作れてしまう時代になってしまいました。

制作者の皆様に感謝ですね。

 

UTAU

有名な国産歌声合成ソフトウェアです。

UIはボーカロイドよりもピッチ補正ソフトの「Melodyne」に近い感じがします。

音声ライブラリがネット上に数多く存在しており、好みに合った歌声でのボーカルトラック制作が可能です。

以前はWindows専用だったのですが、現在はMac用に「UTAU-Synth」も配布されています。

UTAUのダウンロードはこちらから

 

Alter/Ego

こちらは海外産のソフトです。

当然英語のみの対応となっているのですが、逆に言えば英語の曲を作る人にとってはかなり良い雰囲気の出せるものとなっています。

Windows、Mac共に対応しています。

Alter/Egoのダウンロードはこちらから

 

終わりに

この記事もかなりの回数リライトを重ねているのですが、時が進むにつれてフリーで使えるもののクオリティが大幅に向上しているように感じています。

cakewalkとKomplete Start、Sampletank、そして自分でギターでも弾けるのであれば、商業レベルの制作もアイデア次第で問題なくこなせると思います。

私もDTMを始めた当時はDAW以外すべてフリーで手に入る音源やサンプルばかりで曲作りをしていました。

下の2曲はギターの生演奏以外の音はすべてフリー音源です。

フリーウェアによってソフト面でのコストは気にしなくても良くなりましたが、やはりMIDIキーボードとオーディオインターフェイスは必須なので、自身の制作環境に合わせて購入しておきましょう。

今後も新しい情報が入り次第、更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

■楽曲のご依頼は「AZU Soundworks」へどうぞ!!

【DTM】ピアノの音にはこだわりたい!!無料で手に入る高品質なプラグイン8選

【DTM】ロックやメタルはこれでOK!!無料で手に入るリアルなサウンドのドラム音源6選

【DTM】クオリティは製品版レベル!!無料で手に入る即戦力なソフトサンプラー8選

【DTM】EDM、R&B、HIPHOP制作に欠かせないリズムマシン音源6選

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

日本の片隅で音楽を作るDTMerです。 座右の銘は「継続は力なり」、「なるべく諦めない」 ブログでは音楽制作の記事を中心に興味のあることを書いています。

-おすすめ記事, DTMソフトウェア
-,

© 2020 Symphonical Rain